HOME > 探し物をしているとき「どこ、どこ、どこ」と思いながら探し物をしてませんか。

探し物をしているとき「どこ、どこ、どこ」と思いながら探し物をしてませんか。

暮らしの知恵で快適に

【成功する確率を上げる方法】
 
無い、無い、無い。
 
どこ、何処、何処。
 
メガネ、ボールペン、自宅のカギ、
クルマのカギ。
 
今から外出しようと思ったのに。
 
何処に置いてしまったんだろう。
 
見つからない、見つからない。
 
探し物をしているとき
つぶやいていませんか。
もしくは心の中で、頭の中で言っていませんか。
 
少し間をおいて再度、探すと
机の上のページを開けた本の上に有ったり、
 
メガネなんかは頭の上に掛けてあったり。
 
 
無い、無い、無いと思いながら、
もしくはつぶやきながら
探し物をしてると、見つかりません。
 
何故なら自分の脳に「無い」と脳に言い聞かせていいるからです。
 
脳はその指令を聞いて、目から入った探し物の情報を
スルーします。
 
「無い」指令を受け取っているので
「無い」ことの都合に合わせます。
 
脳もその方が仕事をしなくて楽でいいのです。
脳も楽な方を選びます。脳はグータラです。
 
一度探し物をするとき。
有る、有る、有る、
 
絶対有る、すぐ見つかると言いながら、
探し物をして見てください。
 
そうすると脳は「有る」という状況でプログラムがスタートし始めます。
 
脳は「有る」という事実を探しに努力し始めます。
 
無い、無い、無い、と言っているより
探し易いはずです。
 
ですからこの様なことから脳の特徴を捉えて応用しましょう。
 
なにか成し遂げたいことがあるとき私はできないと
諦めるのではなく。

できると言うのがとても無理なら、
私はできないけど、脳はできる。
 
できる、できる。
 
もしくは既にできてしまって感謝する。
 
それぐらいがいいかもしれません。
 
すると脳はその与えられた状況でプログラムがスタートし始めます
 
自信を持つ。
できると信じる。
達成したい内容を毎日確認する。

脳の特徴を捉えて、脳を使いましょう。
決して脳に使われてはダメです。
脳に振り回されてはダメで。

脳はブレインと言いますし、
その名の通り振り回されるのではなく
あなたの優秀なブレインにしてください。
 
これでかなり達成率が上がるはずです。

それでは良い人生を。

PAGE TOP